去年と今年入院した。
落車して骨折入院と、骨を固定したプレートの抜釘手術の2回。
入院中に考える時間が多く、自分を振り返る良いタイミングとなった。
今までのように自転車メインの行動、果たして今後も続けていいのだろうか?

この歳になると(一応年齢非公開、でも高め^^;)将来がとっても不安。
整形に入院していると色々な人がいて、高齢者が多いのは判るんだけど、自分で歩けないのは見ていても悲しくて心が痛む。
自分もいずれ病院で冴えない老後を過ごすことになるのでは。
いやいや、現役の今から準備しなくては!
まずは将来設計をしてみましょう。

ということを入院中に考えていた次第であります。
まあね、ベッドにずっと寝ていると、つい哲学的になってしまうんですよ。
自分の生きた証だとか、何のために生きているのか、なんてことをね。
その時の入院、なんと個室~♪
病院の都合により、差額ベッド代ゼロでした。
いやぁ、個室って初めてでしたが、イイもんですねぇ^^
周りに気を遣うこともなく、洗面・トイレ付きの個室。
もうホテル並みの快適さに延泊希望(笑)
これなら入院三昧も悪くないかな^^;
そんな個室で一人、寂しいくらいヒマなので将来を考えていました^^

定年で会社を辞め、自分のリタイア後の夢を実現したい。
家内と旅行、小径車で輪行の旅なんていいかもね。
修学旅行では京都までしか行ってないので、四国や九州にも行ってみたい。
沖縄なんて最高に憧れの地。
でもね、現実は年金だけでは叶わぬ夢。

では投資を始めてみようか。
と思い立った遅咲きの春。
それには膨大な知識が必要だが、入院中で時間はたっぷりある。
いっぱい勉強したし、いっぱい本も読んだ。
実は家内は、色々な企業の株主となっている。
といえば聞こえはいいが、ただ単に株主優待目的。
しかし、それでは老後の安泰は望めない。
今の私は自転車よりも、年金だとか老後に興味が集中していたのです。
ということで、
ついに「個人投資家デビュー!」
これで「サイクリスト」に「個人投資家」の肩書が増えた(笑)
まあこれらは自称で好き勝手に言えるものだから、重みはないけどね。
で、1年間投資して、確かに資産は(ちょっぴり)増えました^^
これで老後の不安も少しは解消されるでしょう。

で、投資家になった自分、さて何に投資をすれば一番効果的か?
という命題をついに解決したんですな。
それは、金融商品では無いと思っております。
答え(人それぞれではあるが)は、自分的には
健康への投資
ではないかと思っている次第です。

入院中、病院で哀れなご老人をいっぱい見ました。
健康がとっても大事だと痛感したわけであります。
また、年金だけで生活出来ない(2000万円不足するらしい)のですよ。
それには少しでも長く働くことが、年金不足を解消する手段です。
その為にも健康であるべきなのです。
健康で長く働ける身体作り、それには負荷が軽い自転車が最適だと思います。

あれ、投資家だなんて言ってるけど、自転車に乗っていれば自分への投資になるんじゃ…
そのまま自転車に乗っとけ!
これが答えかもしれませんね(笑)

個人投資家は健康投資、自転車乗りの我々はもう始めています^^