そういえば3か月ぶりだ。
1月にFB3000が納車になって主力通勤バイクはこちらに移行、それまでMTBは物置で静かに眠っていたのだ。
だが、その眠りからついに覚醒したモンスターマシン。
いや、ただのマシンだが、コイツを引っ張り出しのには理由がある。



eece4601.jpg



本日、朝の気温。
ついに札幌もこの時間で0℃、昼間はプラス5℃にもなるらしい。
そうするとね、泥ハネがヒドイのよ。
昨日、せっかく洗車したFB3000、すぐ汚すのが悔しくて。
まあ、そんな単純な理由ですが…^^;



こっちのフェンダーのほうが泥ハネを防いでくれそうだし、何より汚れ役にピッタリな気もする。
別にFATBIKEでなきゃ走れないというわけではないのだ。

 
 

というわけで久し振りに乗った青龍翌檜(せいりゅうあすなろ)号。
前にも紹介したが、JAMIS EXILEは当時のフラッグシップ、DRAGONの廉価版。
ブルードラゴンになりたくてもなれない悲哀がその名に表れている。
クロモリのハードテイルMTB、今ではすっかり少数派。

 

まあそんなのはどうでもよいが、最初に感じた印象は、
タイヤ細いー^^;



初めてロードバイクに乗った時の感覚に近いかも。
タイヤが細すぎて不安だというあれ。
一応、26×2.0なんですが…
これでロードに乗ろうものなら、タイヤが糸に見えるかもね^^;


 

というわけで、路面が乾くまでの間、こっちでジテツーしてます^^