まだ2月だというのに、春めいてきた札幌。
さすがに夜間は氷点下だが、それでも日中はプラス気温になる。
行きの路面はアイスバーン、帰りはグチャグチャ…^^;



冬道の二面性を楽しめるので、それはそれでよい。
問題は「撥ね」だ。
雪解け水を大量に巻き上げるので、マッドガードが無いと走れない。
背中に飛び散る水を気にしながら走るのって、精神的にもよろしくないもの。



例年なら厳冬期はマッドガードは外しているが、今期はずっと装着したまま。
それだけ昼間は暖かいのだ。
現に、雪まつりでは期間中に倒壊の恐れあり、で雪像を取り崩したし。
今年の札幌はある意味異常気象なのかもしれない。
まあ、早く雪解けが進むので嬉しいことではあるけどね。



 
毎日、そんな道を走行しているものだから、当然自転車は汚れる。
洗っても次の日また泥だらけ、そんな状況だと洗車する気にならず、結果ますます汚れるという悪循環に陥っている。
休日に洗車を含めたメンテをしようにも、予定が入って何も出来ず。
先週も先々週もそんな状態だったので、気が付けば1カ月もノーメンテ、ノー洗車。
なので、今はこんな風になってしまった。



93840c1b.jpg





うわぁー、キタネー!



リムをアップで見ると、
1da98993.jpg





泥だらけ…orz



しかも、ディレイラーはキュルキュル鳴き、チェーンには錆びも浮いている。
これで愛車でござい、なんて恥ずかしくって…

 

まあ走れるからいいや、と先延ばしの結果がこれ。
このままじゃ、確実にバイクの寿命が縮まってしまうってもの。
で、結論。
やっぱりメンテは重要ですぞ。
(説得力なし^^;)