シャコタンブギじゃなく、積丹ブルべが本当です(笑)
ウチのカミさん、「ハイティーンブギ」 by 近藤マッチとごっちゃになり、
シャコタ~ン ブギ~♪
と歌っていたのでこのタイトル(笑)



自分で決めてやる~
それがサイコー♪ って歌詞ね。
ちなみに若い人、シャコタンの意味知ってます?
知らない人は検索してね♪

そういえば同名の漫画あったな^^
 
 
今シーズン3回目に乗るロードが積丹400.。
それも400kmの山岳ブルべ。
支笏湖~樽前山の上りを超えて待っているのが、
標高約900mのオロフレ峠。
その後も、ルスツ~真狩~ニセコ~倶知安と、山の街が続く。



前半にピークを迎える厳しいブルべだ。
完走できるかは判らないが、当日は雨の予報はなし(今のところ)。



雨ならDNS!の心配ないね^^



 

それでは計画を。
11:00スタート。
支笏湖を越え樽前山の上り(結構キツイ)を超えると、しばらくは平坦な国道36号線。
この区間は脚の回復を優先させ、はやる気持ちを抑えゆっくりと。
104.8km地点 白老虎杖浜 16:30着。



夕食には中途半端な時間だが、この後のオロフレ峠を考えれば何か口に入れたほうがよい。
特にどこのお店に入るとは決めていないので、お腹の空き具合と相談しましょう。
 
 
さあ、最大のヤマ場、オロフレ峠。
国道36号線から峠の頂上まで、20kmも上りが続くのだ!
20kmで900mの上り、単純に平均斜度4,5%…

過去に挑戦したことがあったが、途中で無念のUターン。
(二日酔いで頭が痛かったのよね^^;)
また、いぶりロングライドというイベントに参加しようと思ったが、このイベント自体が無くなったこともあって、なかなかチャンスが無かった。
今回、ようやく念願が叶って(いや、出来れば避けたかった^^;)、オロフレ峠に挑戦だ。
時速8kmで上って、2時間半は掛かる。
頂上で19:00、それからは下りで速度も上がる。
20:00には洞爺湖畔に着くだろう。

ここではめん恋亭だ。
ラーメンはともかく、営業時間がAM2:00までっていうのが魅力。
万一遅くなっても、確実に食べられる筈。
同じような条件で、倶知安着が24:00.
ここでは山岡家 倶知安店がAM3:00まで営業している。
万一の事があっても、食事にありつけるだろう。

え、万一の事ばかり考えてるって?(笑)

ブルべってそういうものなのです(笑)
ちなみに、倶知安ではカラオケBOXがAM5:00まで営業しているので、そこを利用してJRで札幌に戻る方法も。

一応ね、DNFすることも想定してね、と(笑)


多分、先へ進む(と思う)。
244km地点 PC2岩内がAM2:00。
1時間ちょっとの貯金しかないが、ここでしばし脚を休めるとしましょう。
この先、補給場所がしばらく無いのである程度食料を携行したいところだが、多分皆さん、同じ事を考えている。



行ったら、棚に何も無い…orz

ってことにならないように注意。

実は、このすぐ先にセブンイレブンがあるので、
そちらで調達したほうが確実かもね^^


308.9km地点、 通過チェックは5:30頃。
余市で8:00、小休憩。
ここまで来たら、残りは約50km。
あとは最後の力を振り絞って走るだけ。
小樽を抜けて札幌へ、ゴールは12:00を予定しています。
 
 
過去、400km完走は3年前の函館400のみ。
この時は泥人形さんとご一緒し、確かCLOSE40分前のゴールだったと記憶している。
あれ以来2度目の400なので、感覚が全くつかめずペース配分も判らぬまま。
なんせ前半が勝負なので、スローペースで如何に脚を残すか。
完走のポイントはそこだと考えています。



 
 
尚、今回は糖質制限を忘れて、炭水化物を補給しますよ!
そうでなきゃ、完走出来ないかもしれませんから^^